福岡 自宅療養中の女性が自殺『勤務先で人に感染させた』

常時継続し患者家族が管理する在宅療法と医療者の訪問時に提供される医療を組み合わせると、自宅でも病院とほぼ同様の治療を受けることができるといえる。たとえば輸血や抗生剤治療などを定期的に受けながら自宅療養しているという事例もある。 またこのほか、介護サービスなど、在宅生活を営む上でのさまざまな療養上のアドバイスを行う。
11キロバイト (1,260 語) – 2021年3月14日 (日) 18:32

(出典 kansensho.jp)
やるせない…

1 シャチ ★ :2021/05/24(月) 23:56:29.76

RKB毎日放送
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac62ba4ed9aa1032cc368e7390d36185e5f7f3ce
2021/05/24(月) 13:46:03.33
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1621831563/
新型コロナに感染した福岡市に住む30代の女性が、先週、自宅療養中に自*ていたことが分かりました。

死亡したのは、福岡市中央区に住む30代の女性です。

捜査関係者などによりますと、女性は今月19日、新型コロナの陽性判定を受けたあと、自宅で療養していました。

2日後の今月21日に家の中で死亡しているのが見つかり、現場の状況から、自殺と断定されました。

女性は生前、周囲に対して「勤務先でほかの人に感染させてしまった」などと話し、悩んでいたということです。

福岡市は、感染が判明してから電話で2回、女性の健康観察をしていましたが、「詳細はコメントできない」と話しています。

一方、福岡県は24日、新たに195人の陽性と6人の死亡を発表しました。

1日の陽性者が、100人台となるのは先月26日以来、約1か月ぶりです。

また、いずれも福岡市にある美術系の専門学校や銀行など3か所で新たなクラスター=感染者の集団が発生しています。

佐賀県では24日、新たに11人の陽性が判明しています。

続きを読む

続きを見る

引用元: カサネあんてな | 最新のおすすめまとめアンテナサイト

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事